読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ryuya IIDX

BMS 宮水 三葉 (065517) SP★★

「3ヶ月で発狂皆伝になれる」について考えた

こんばんは。

今日は風邪気味なのでBMSはお休みです。

その代わりに前から気になっていたことについて考えてみました。

 

以前Twitterでこんな投稿がありました。ご存知でしょうか?

f:id:aho52365236:20170122195204j:plain

 

当該のツイートは既に削除されていますが、記事(.pdf)は現在もダウンロードできるようです。(http://www.creative-hive.com/creativehive/uploader/uploader.cgi?mode=downld&no=1916)

また、この記事の反響を受けての続編もあるようです。(http://www.creative-hive.com/creativehive/uploader/uploader.cgi?mode=downld&no=1919)

 

 

 口コミはこんな感じです。

批判的な意見が大半を占めています。

 

 結論から先に言いますが、「内容は間違ってはいないけどあまりにも喧嘩腰、さらに説明不足である。」と僕は考えました。

 

 

実際に記事を読んでみる

順を追って記事を見ていきましょう。

まず1ページ目の一番最初から問題箇所です。

運指は前提として 1048 式完全固定か手首皿完全固定、もしくは KB の
O2jam 配置

これについて、なぜその運指でなければいけないのか?という具体的な説明がなされていないので、上記以外の運指を使っている人を納得させることは難しいですよね。

 

後に、続編の記事でこう書かれていますが、

ぶっちゃけた話、対称固定の人の 90%は 対称固定でどこまでも突き進み
たい!ではなく、1048 式にしたいけど地力下がるのが怖くて出来ねえ!
ではないでしょうか?

 批判するときに感情論を用いるのでは読み手側の共感が得られません。さらに対称固定を実際に使っている人を不快にさせます。

 

運指を考える

先ほど「なぜその運指でなければいけないのか?」という疑問がありましたが、発狂皆伝を目指すにあたり、運指が手首皿・1048式完全固定などに限られてくるのは間違いではないと思います

 というのは実体験に基づくものですが、少し補足をすると全押し(1~7鍵+皿)がスムーズにできる運指でないと高難易度の皿複合に苦戦するからです。

 

皿複合の対処として有名な3:5半固定を例に考えてみましょう。

f:id:aho52365236:20170122203431j:plain

プレイサイド1P側で皿+123のような配置がきたときに右手で3鍵をカバーすると5鍵が空きます。空いた5鍵を更に右中でカバーすると6鍵が空きます。

こういったカバーの連続は不合理である、または高難易度ではカバーしきれないと考えることができます。

僕自身も3:5半固定を使いますが、★24 ホーリーサンバランドなどはとてもじゃないですけどカバーしきれません。ベチャ押し完全固定します。

 

また、自由運指でお馴染みのDOLCE.氏も重発狂ではほぼ1048式で固定しています。

 

 発狂難易度表には3:5半固定ではカバーしきれない・カバーすることが不合理であるといえる譜面が無数に存在します。それらをクリアしているプレイヤーの多くが完全固定運指であるのも事実です。

よって1048式・手首皿・KBなどが高難易度に向いているというのは間違いではないでしょう。

しかし、3:5半固定で高難易度がカバーできるならそれでよし、対称固定で全押しが安定してとれるなら何も問題はないと思います。

 

3ヶ月で発狂皆伝の記事のように、上位勢が頭ごなしに運指を決め付けるのは、アドルフ・ヒトラーが持つ「優生学」のような思想に近い気がしました。

KBについてはやったことがないのでわかりませんが、色々な配置が存在する中O2jam配置を選択したのに理由が述べられていないのは問題ですよね。

 

たくさんのプレースタイルがあるゲームなので、論理的に理由を説明できないのであれば批判は周りを不快にさせるだけです

 

 

練習メニューを見てみる

1 週間目
1 日目:★10 を 1 週(どれだけクソ譜面でも未プレイは絶対 NG)

2 週間目
8 日目:★12 を 1 週。点滅★11 を 1 週

2~7日目は省略しましたが、こんな感じで毎日メニューが決められています。

 

 63 日目:★★4 を 1 週。★23〜24 を 1 週

 最終日まで省略して、63日目はこんな感じ。タイトルでは3ヶ月となっていますが実質2ヶ月間ですね。

 

実質 2 か月では?となってしまうんですが、そもそも 2 か月ぶ っ通しでこの計画を完遂できる人間なんていないのです。

これらの内容をもう少し広く分配すると丁度 3 か月弱 位になるのでは、という見通しで今回の内容を作りました。

確かに、毎日メニューをこなすのは難しいですね。仕事が忙しかったり用事があったり風邪を引いたりなどの日数を考慮して3ヶ月でちょうどいいと思います。

 

 

 

このメニュー、そもそも可能なの?

可能なの?というのはそもそもモチベーション維持が可能なのか、という視点からです。

1日2時間のメニューを毎日こなし、手の負担から腱鞘炎を引き起こしたりすることも考えられますが幸い僕自身はそういう経験がないので今回はスルーします。

 

BMSIIDXを上達させていく過程でモチベーションの維持は重要なポイントです。

モチベーションを低下させないために好きな曲をプレーしたり、ライバルと競いあったり、人々は常に試行錯誤しています。

 

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

 

the-safari.com

 

モチベーションを保つ方法は人によって違います。

しかしモチベーションがなくなってしまったとき、練習が苦痛でしかなくなるというのは共通認識でしょう。

上達のための鍛錬から外れて、ゲームそのものを楽しまなければ、プレイするのが苦痛で仕方なくなります。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1184511376

今振り返ると普通にやっていたら、ここまでモチベーションを維持することは不可能だったと思います。 

http://the-safari.com/2912

 

 

3ヶ月で発狂皆伝の記事には、どのようにモチベーション維持をすればメニューをこなせるのかが書いてありました。

発狂皆伝を取るまでは鉄の意志と鋼の強さで‘‘挑戦段階の曲‘‘だけをやり続けましょう

要するに気合でどうにかしてください。気合がない人にはなれませんと。

いろんな人がモチベーション維持について試行錯誤しているのに対して、あまりにも程度の低い考えで驚きました。

 

 

道中寄り道を繰り返しだらだら引き延ばしている人間が大半で そういった人の成長速度を固定観念としておいてしまうから当然ですね(笑)

 人々はそれをモチベーション維持と呼んでいます。回り道ではありません。

気合が十分に足りていたとして、そういう人には回り道に見えるかもしれません。だからといって回り道をしている人を嘲笑うような態度をとっていいのでしょうか?

 

 

 

結論

 3ヶ月で発狂皆伝の記事は読者を不快にさせるだけ。

モチベーションを維持できるなら3ヶ月でなれるし、できないならなれないよ(笑)という内容です。

 

皆伝挑戦段階のアホがAAフルコンに何時間も費やすより、発狂皆伝になってからスパッと1発でFCした方が時間に対するランプのパフォーマンスがいいんですよね。

実力の高い人は実力の低い人をアホ扱いしていいのでしょうか?

差別的な発言をする音ゲーマーはたびたび問題視されますが、そういった考えの人を増やしかねない、またはそういった考えを助長する記事だと感じました。

 

 

練習メニュー自体は1日2時間を2ヶ月(60日間)となっていますので、気が向いたときにやると良いと思います。

例えば2日に1回だけ、このメニューを1時間だけやるなら8ヶ月で終わります。そんな感じでモチベーションを維持することを考えながら取り組みましょう。